公示送達に於ける住居所調査・所在調査

公示送達とは

住居所での所在調査をいたします

裁判を行う際、裁判所が当事者に書類を送付する手段を「送達」と言いますが、この送達を宛先の人物(被告等)が受領しないと送達したことにはならず、 この状態では裁判が始まりません。
この時、相手方の住所や勤務先等が不明の場合に、裁判所の掲示板に訴状等を一定期間掲示することで、送達したこととする手続きが「公示送達」です。

公示送達を行うためには、確認されている相手方の住居所(最終登録地等)へ赴き、相手が所在不明であること(居住の実態が無いことや転居先が確認出来ないこと)を証明すべく現地調査を実施し、裁判所に「調査報告書」を提出する必要があります。

公示送達に伴う住居所調査・所在調査を実施します

当社では、公示送達を実施するために必要な相手方の住居所等に於ける現地調査を実施しており、相手方の居住の有無、所在不明であることをまとめた調査報告書を作成いたします。

<主な調査内容>
・建物外観(生活感の有無、写真)
・表札の有無
・郵便受け(郵便物)の状態
・電気、ガス等のメーターの状態
・呼び鈴への応答の有無、応答者との面接内容
・建物管理者、近隣住民への聞込み

付郵便送達に於ける住居所調査・所在調査

付郵便送達とは

宮城県仙台市で現地調査を行います

「付郵便送達」は上記の「公示送達」とは違い、相手方が住居所に居住しているのに、居留守等を使って不在を理由に裁判所からの書類を受け取らない場合、書留郵便に付する形で普通郵便を発送することで相手に送達されたとみなすことができる制度です。

付郵便送達を行うためには、相手方の住居所へ赴き、相手が居住していること(居住の実態が有ること)を証明すべく現地調査を実施し、裁判所に「調査報告書」を提出する必要があります。

付郵便送達に伴う住居所調査・所在調査を実施します

当社では、付郵便送達を実施するために必要な相手方の住居所等に於ける現地調査を実施しており、相手方に居住の実態があることをまとめた調査報告書を作成いたします。
(主な調査内容は「公示送達」の場合とほぼ同じです)

その他、一般的な住居所調査・所在調査等

対象者の居住の有無や生活ぶりを確認

当社では「公示送達」や「付郵便送達」のような裁判に関する調査に限らず、一般的な住居所調査も承っております。
現状把握として、親族や知人等の居住の有無や生活状況を確認したい場合等がこれにあたり、建物外観や近隣における聞込み等にて調査を実施します。

当社は仙台を中心に東北6県(宮城、山形、福島、岩手、秋田、青森)における実績が違います!